ラグマット
白い部屋

ラグについて

明るい部屋

ラグを部屋に置くことで気分転換になります

かっこいい部屋

一人暮らしならラグは欠かせないアイテム

ラグマットのある部屋

室内環境が良くなるようなラグは役立つ

子どもが暮らす家のラグ選びに注意

子どものいる家でラグを買うなら、デザインや色以上に気にしなければいけない点がひとつあります。それはラグの素材が天然素材なのかどうか、さらにはアレルギー対策機能が備わっているかどうかです。
最近の子どもは思いがけないアレルギーを持っていることがありますので、家の中で使うものはアレルギーに配慮するに越したことはありません。いくらデザインや色の良いラグでも素材が子どもに対して不適切だったら、他の商品を買ったほうが良いです。ラグの中には素材がウールやコットンになっていて、手触りがとても気持ちの良い商品もあります。それなら子どもに対しても優しいので、何かの被害を心配しなくても大丈夫です。
特に子どもが長い時間過ごす子ども部屋に敷くラグは、素材の良し悪しが大事です。肌が強くてアレルギーのない子どもなら心配ありませんが、そうではなくて過敏反応してしまう子どもには注意しなければなりません。
価格が2万円や3万円くらいする高級なラグなら、天然素材を使っていたりします。高ければそれで良いとよく調べないで買ってしまうのはよくないですが、それでも高ければ良質なラグである場合は多いです。ですので、子どもが暮らす家でのラグ選びには細心の注意を払わなければいけないです。

小さい子どもがいる家のラグ選び

フローリングの固い床にはなかなか寝ころべませんが、ラグを敷くと寝ころべます。部屋のアクセントにもなりますし、種類も豊富に用意されています。ですが、小さい子どもがいるとラグの選び方も変わってきます。
まずは、洗えることが重要です。小さい子どもがいる場合の必須条件かもしれません。とにかく子どもは汚します。ラグの上に飲み物をこぼすのは日常あるあるですし、ハイハイしはじめた赤ちゃんのよだれがたれるなんてこともあります。衛生面を考えると、いつも清潔なラグなのがベストなので、洗濯機で丸洗いOKなラグを選ぶのがいいでしょう。
そして、毛足が短いことも大切です。毛足が長いラグはふかふかして気持ち良いです。ですが、細かいゴミなどが入りやすいので、やはり小さな子どもがいる家庭には向きません。知らないうちにラグの長い毛足にボタンなどの小さいものが紛れ込んでしまって、子どもが誤飲してしまう可能性もあります。
では、洗える毛足の短いラグはどう探すかというと、一番便利なのはネット検索です。「キッズラグ」とか「子ども ラグ」というキーワードで探せば色々と出てきます。子どもに対して配慮されている製品が多いので、洗濯機での丸洗いはもちろんこと、抗菌作用があったり、デザインも豊富で楽しいものが多いです。
電車の線路や道路が描かれているラグであれば、遊ぶツールにもなります。パズルラグというコルクマットのラグ版みたいな商品もあります。これであれば、汚れた場所だけ取り外して洗えるので、より簡単にお手入れできます。子ども向けとはいっても、お洒落で可愛い商品が豊富にあります。部屋のインテリアにあっていて子どもにも優しいラグを見つけてみてはどうでしょうか。

ラグで快適な床生活

ラグがあることで生活が少しほっこりする理由を紹介しましょう。
ラグにはいろいろな大きさがあるので、最近は座布団くらいの大きさのラグも売っています。小さなものだと、大きなラグを買うよりも簡単に買いやすいのでラグ生活を始めるのにお勧めです。
ソファや、椅子の下や前に敷いておくと、足先が床に振れないので床の冷たさを感じにくいですし、部屋に入った瞬間に、ラグの色が明るい赤や、オレンジなど元気になるような色の場合ワンポイントになります。そしてラグを敷いておくことで床からの冷気を和らげることができます。床の下は冷気がたまっているので足元から冷えてしまいます。そしてなかなか足先が冷たいままだと体が温まりません、冬は毛足の長い温かいラグを用意して敷いておくことで防寒対策になりますし、インテリアとしてもポイントになります。
ラグを敷いておくことで、机や椅子を動かすことでできる床への傷も防ぐことができますし、荷物を置くときも床を傷つけないので実用的な使い方として、荷物置き場としてラグを使ってもいいかなと思います。
それによく床の生活で座ったり、立ったりをする方はラグを敷いておくことで膝や体の関節の負担が和らぎます。なのでラグを小さいものからでも利用してみるのはどうでしょうか。


子供と暮らすならラグは必須となってくるでしょう。子供は部屋の温度変化などに敏感なので、いつでも暖かくできるラブはあると便利です。ラグそのものの値段は安いものなので、快適な生活のためにもラグを購入しておくことをおすすめいたします。

白い部屋

ラグについて

ラグはフローリングなどの上に敷く敷物です。単に敷物として使われる場合や、こたつの敷布団として使…

明るい部屋

ラグを部屋に置くことで気分転換になります

フローリングは、そのままの状態で座るには足が痛くなり、殺風景のままの状態になるため、ラグを使用…

2017年01月27日
室内環境が良くなるようなラグは役立つを更新しました。
2017年01月27日
一人暮らしならラグは欠かせないアイテムを更新しました。
2017年01月27日
ラグを部屋に置くことで気分転換になりますを更新しました。
2017年01月27日
ラグについてを更新しました。